「Sight585」は、KODAK Lens が得意とする NeoContrast の技術を応用し、今まで体感したことが無い『クッキリ』とした視界を得られるレンズカラーカテゴリーです。
●テクノロジー
 光の波長域の中でもエネルギーが強く「色」としての認識に時間のかかる585nm付近の波長を抑制し、各カテゴリーのシーンに最適な色調をコントロールすることで、眩しさを抑制するのと同時に対象物の輪郭を捉えやすくし、クリアな視界を確保します。
●レンズカラー
  • Hi-Contrast Low Light (See Contrastベース)
       
    【Ice Gray】
    透過率:73.8%
    【Yellow】
    透過率:83.9%
    夜間運転適合
    【Iris】
    透過率:70.5%
       
  • Hi-Contrast Active (Neo Contrastベース)
    【Gray】
    透過率:54.7%
    【Navy】
    透過率:60.7%
    【Persimmon】
    透過率:58.0%
    【Copper】
    透過率:47.3%
    【Orchid】
    透過率:60.1%
  • Hi-Contrast Sun (Neo Contrastベース)
       
    【Sunny】
    透過率:26.4%
    【Cloudy】
    透過率:48.1%
    【Fine】
    透過率:38.4%
       
●おススメシーン
  • 【Orchid】
    透過率を高く設定し、薄暗い森の中を歩く状況など、足元を見ても暗く感じないカラー。
    【Fine】
    天候の変化による太陽光の増減に、オールマイティーに対応可能な濃度。
    【Ice Gray】
    自然な視界のままコントラストを高めたうえで透過率を最大限に確保。山小屋などでも暗く感じない濃度。
  • 【Gray】
    全体的にトーンを落としつつ距離感のズレが少なく、オールシーズン対応可能なカラー。自然な視界のまま、よりクリアに感じることができる。
    【Copper】
    秋から冬にかけて芝生の色が変化するシーズンに。緑とオレンジ、赤がより感じやすくなりクッキリとした視界を得られる。
    【Navy】
    青色を足すことで爽やかな視界に。新緑のシーズンに効果を発揮する。シニアプレーヤーなどにおすすめのレンズカラー。
  • 【Gray】
    自然に感じるカラートーンがサングラスを掛けていることを感じさせず、タウンライドを快適にサポートする。
    【Fine】
    オールマイティーに対応可能な濃度。高架下など、薄暗い状況にも順応しやすいカラー。
    【Persimmon】
    視界を明るく感じるブラウンカラー。ワインディングなど集中力が求められるシーンで路面状況を認識しやすくする。
  • 【Sunny】
    日差しが強い日のトレーニングに効果的に眩しさを軽減。周りに太陽の光を遮るようなのもがない状況でしっかりと眩しさを抑えるレンズカラー。
    【Navy】
    標識や白線をクッキリと認識しやすくなる。太陽が低い時間帯に明るい視界で快適にトレーニングをサポートする。
    【Copper】
    短波長域も大幅にカットすることでコントラストがよりはっきりするレンズカラー。微妙な色の変化を逃さず周りの景色を楽しむことができる。
  • 【Ice Gray】
    自然な色調のまま明るさをキープすることで、室内での使用や、薄暗い環境下で対象物の輪郭を認識しやすくする効果。
    【Yellow】
    短波長域を大幅にカットする機能を加えることで、LEDなどの人工の光や、車のヘッドライトの眩しさを和らげる。
    【Iris】
    物の輪郭を捉えやすくする効果が高く、室内競技などで効果を発揮。集中力を高め、状況判断をしやすくするカラー。
  • 【Sunny】
    強力な日差しを受ける過酷な状況でしっかりと眩しさを抑制し、目を守るレンズカラー。雪面の凹凸を認識しやすくなることで、素早い状況判断が可能に。
    【Cloudy】
    降雪時など、周りの状況が確認しづらい場面でコントラストをより強調するレンズカラー。白い視界の微妙な変化を逃さずウィンタースポーツをサポートする。
カラーサンプルは「神保町店」「曙橋店」にあります。
Sight585 の販売価格はコチラ