静電気防止コートとは
メガネレンズは、知らずに静電気を帯び『花粉やホコリ』が付着します。※メガネを乾拭きするだけでも帯電します。
【静電気防止機能】を持ったレンズは、『花粉やホコリ』をよせつけにくく、汚れも拭き取りやすいレンズです。花粉の季節などには是非【静電気防止機能】を持ったレンズを使ってみて下さい。

レンズを布で数回こすって発泡スチロールに近づけた状態
メガネレンズと静電気 『れんず屋』検証レポート
【静電気防止機能】を持ったレンズは、本当に花粉やホコリに強いの?
静電気を防ぐには?
コーティングでの「帯電の違い」や「対策案」を検証してみました。


レンズに静電気が起こる事を実験しました。
一. 丸生地(加工していない)レンズでの静電気比較
丸生地(加工していない)レンズは、面積が大きく、フレームなどに通電しない最も帯電しやすい状態です。※帯電の違いを確認する為の顕著な例です。

実験方法
  • ティッシュペーパーで10回 乾拭きしました。
  • 乾拭きしたレンズをプラスチック製のピンセット持ち、発泡スチロールの粉から2cmまで近づけ粉の付着状況を確認しました。

検証したレンズ
  • プラスチック 撥水コート … 拭き取り性・撥水性能を向上させた汚れ防止コート
  • プラスチック ハードコート … 反射防止コートが施されていないレンズ
  • プラスチック マルチコート … 反射防止コート
  • プラスチック 静電気防止コート … 撥水性能+静電気防止コート
  • プラスチック 電磁波防止レンズ … 電磁波防止レンズ(現在取り扱いなしです)
  • ガラス マルチコート … 反射防止コート
1.プラスチック 撥水コート

結構大量に付着しました
2.プラスチック ハードコート

思ったより少ない?
3.プラスチック マルチコート

撥水コートよりは少ない付着です
4.プラスチック 静電気防止コート

すごい!全く付着しません
5.プラスチック 電磁波防止レンズ

コチラも全く付着しません
6.ガラス マルチコート

無機質ですが思ったより付着

二.メタルフレームに加工したレンズでの比較
メタルフレームの場合、金属のリム線から電気が逃げる為、帯電が低下すると考えました。丸生地での実験より実際にメガネを掛けたときの状態に近い状況で実験しました。

実験方法(一.の実験と同じ方法)
  • ティッシュペーパーで10回 乾拭きしました。
  • 乾拭きしたレンズを発泡スチロールの粉から2cmまで近づけ粉の付着状況を確認しました。

検証したレンズ
  • プラスチック 静電気防止コート … 撥水性能+静電気防止コート
  • プラスチック 撥水コート … 拭き取り性・撥水性能を向上させた汚れ防止コート
1.プラスチック 静電気防止コート

当然全く付着しません
2.プラスチック 撥水コート

ほんの少しだけ付着しました
感想 … 通常の撥水コートでも、メタルフレームでは無理に乾拭きなどで擦らなければ、それ程の大きな静電気は起きないと思います。

三.セルフレームに加工したレンズでの比較
通電しないセルフレーム(プラスチック枠)ならどうなるか?メタルフレームの場合と比べてどのくらい違いが出るのか?丸生地の場合と同じ電気が逃げない状態のセルフレームに加工したレンズで実験してみました。

実験方法(一.の実験と同じ方法)
  • ティッシュペーパーで10回 乾拭きしました。
  • 乾拭きしたレンズを発泡スチロールの粉から2cmまで近づけ粉の付着状況を確認しました。

検証したレンズ
  • プラスチック 静電気防止コート … 撥水性能+静電気防止コート
  • プラスチック 撥水コート … 拭き取り性・撥水性能を向上させた汚れ防止コート
1.プラスチック 静電気防止コート

丸生地同様 全く付着しません
2.プラスチック 撥水コート

丸生地同様 たくさん付着しました
感想 … メタルフレームとは大きな違いが出ました。フレームの素材でこれほど大きく変わるとは思いませんでした。



静電気防止対策についての検証

一.素材による帯電の比較
丸生地で比較
低屈折率1.50素材 マルチコート

静電気は多い
高屈折率1.67素材 マルチコート

静電気は少ない
結論 … 高屈折素材のほうが静電気が少なく付着が少ない。

二.メタルフレームのレンズの大きさによる影響
高屈折率1.67素材 マルチコートで比較
大きいフレーム

静電気は多い
小さいフレーム

静電気は少ない

三.お手入れ(乾拭きとウェット仕上げ)での違い
ティッシュでの乾拭きの場合と、メガネクリーナーを吹きつけウェットな状態でメガネクロスで拭きあげた場合を丸生地の撥水コートレンズで実験
乾拭き

非常に多く付着
クリーナー使用

乾拭きに比べて少ない
結論 … メガネクリーナーなど、ウェットな状態で拭き上げる事で大きく改善します。お手入れ方法で静電気を少なく出来ます。(レンズにも優しい)



メガネレンズの特性と静電気の関係について一般的なお話

一.関係
多く普及している撥水コートなどの汚れ防止コーティングは、今までのマルチコートに比べて、静電気の帯電性が高くなっています。
静電気の帯電性
少ない 静電気防止付きコート < マルチコート < 撥水コート 多い
また、高屈折素材よりも低屈折素材のほうが高くなります。
静電気の帯電性
少ない  高屈折素材 < 低屈折素材  多い

二.帯電の影響
花粉やホコリの付着などがあげられます。また、背電気などで起こる『過敏症』などがあります。

三.静電気対策について
『れんず屋』的一案 実験結果から推測して静電気防止機能付きレンズ以外の対策
フレームの変更 セルフレーム → メタルフレームへ
屈折率の変更 低屈折素材 → 高屈折素材へ
フレームサイズの変更 大きいもの → 小さいものへ
お手入れ方法【重要】 メガネクリーナーなどでウェットな状態で拭きあげる



花粉の季節!『静電気対策』考えてみませんか?
メガネレンズは進化しています。
静電気防止機能などを持った新製品がいろいろ出ています!

サンプルは『れんず屋 神保町店』にございます。